ヒアルロン酸、セラミドの保水力

ヒアルロン酸は皮膚・軟骨・目・脳・関節液などに存在しており、カラダの中で様々な機能を担当してくれています。基本は細胞間に多く見られ、細胞を守る働きを担当しています。
美容液については、肌が要求している効果をもたらすものを用いてこそ、その持ち味を発揮します。だから、化粧品に添加されている美容液成分を理解することが求められるのです。
22時~2時の時間帯は、お肌が生まれ変わろうとするパワーが最も活発化するゴールデンタイムと呼ばれています。古い肌が新しい肌に再生されるこのタイミングを意識して、美容液を利用した集中ケアを実行するのも実効性のある使用方法です。
化粧水が肌を傷める可能性もあるので、お肌の様子が思わしくない時は、絶対に付けない方がいいのです。お肌の抵抗力が落ちてデリケートな状態の時、敏感肌用の美容液もしくかクリームのみを塗るようにした方がいいです。
どんなに保湿を施してもすぐに肌が乾燥するのなら、潤いをキープするための必須成分と言える「セラミド」が不十分である可能性がうかがわれます。セラミドが豊富な肌ほど、潤いを肌のバリアとなる角質層に留めることが見込めるのです。
セラミドの保水能力は、気になる小じわや肌荒れを改善する働きをしますが、セラミドを産出する際の原材料が高額ということで、それが含有された化粧品が結構高くなることも多いのが欠点です。
昨今、様々な場所でコラーゲンペプチドなどといった言葉を使ったものを見かけます。美容液や化粧品は勿論のこと、サプリ、あとは清涼飲料水など、見慣れた商品にも配合されており色々な効果が期待されているのです。
ほんの1グラム程度でおよそ6リットルの水分を蓄える事ができると発表されているヒアルロン酸は、その性能から保湿が秀でた成分として、たくさんの化粧品に添加されていると聞きます。
肌に含まれるセラミドがふんだんにあって、肌を守る役割の角質層が潤いを保って元気ならば、砂漠的な湿度が異常に低い地域でも、肌は水分を溜め込んでおけるみたいです。
プラセンタのサプリメントは、今に至るまでとりわけ副作用で身体に支障が出たなどはありません。そう言い切れるほどに安心できて、肉体に影響が少ない成分と言っていいのではないかと思います。
水溶性ビタミンの一種であるビタミンCは、コラーゲンを生成する場合に無くてはならないものである上、よく知られている美肌を実現する作用もあることがわかっていますから、率先して体内に摂りこむようにご留意ください。
きちんと保湿をキープするには、セラミドが贅沢に混ざっている美容液が重要になります。セラミドは油溶性であるため、美容液タイプかクリームタイプのいずれかを選ぶと失敗がありません。
いつものお手入れの流れが誤ったものでなければ、使ってみた感じや肌につけた時の感じが良好なものを買うのが間違いないと思います。値段に左右されずに、肌のことを第一に考えたスキンケアを心掛けるようにしましょう。
歳とともに、コラーゲンの量が下がっていくのは回避できないことと考えるしかないので、それに関しては観念して、どうしたら保持できるのかについて手を尽くした方がいいかもしれません。
セラミドというものは、肌最上部にある角質層にあります保湿成分ですので、セラミドの入っている美容液とか化粧水は、とても優れた保湿効果を示すとのことです。

深刻な肌トラブル

一年を通じての美白対応という点では、紫外線カットが重要です。なおかつセラミド等の保湿成分の働きによりで、角質層によるバリア機能をレベルアップさせることも、紫外線の遮断に高い効果を示します。
様々あるトライアルセットの中で、最も人気のあるものは、何と言ってもオーガニックコスメで定評のあるオラクルですね。人気美容ブロガーさんが高評価をつけているアイテムでも、大抵上位ランクです。
「今のあなたの肌には、どういうものが不足しているのか?」「足りないものをどのように補充するのか?」等について熟考することは、数多くある中から保湿剤をチョイスする際に、かなり重要になると断言できます。
片手間で洗顔をすると、洗顔のたびにお肌の潤いを落とし去り、カサついてキメが乱れてしまうこともあります。顔をお湯で洗った後は直ちに保湿するよう手を打って、お肌の潤いをずっと保ってくださいね。
入念に保湿をしても肌乾燥が防げないのなら、潤いを保つための不可欠な成分である「セラミド」という天然の保湿物質の欠乏が推定されます。セラミドが肌に満ちているほど、潤いを角質層に蓄積することが可能なのです。
最初は、トライアルセットにチャレンジしてみるといいです。間違いなく肌に合うスキンケア商品かを判定するためには、それ相応の期間利用し続けることが大切です。
美肌にとって「潤い」は必須要件です。何よりも「保湿とは?」を把握し、本当のスキンケアを心掛け、柔軟さがある素敵な肌を叶えましょう。
このところ流行っている「導入液」。化粧水や美容液の効果を高めるために使うため「プレ化粧水」等というような名称もあり、美容に関心が高いマニアの方々にとっては、とっくの昔に定番の美容グッズになっている。
欠かさず化粧水を塗っても、正しくない顔の洗い方をしていては、まるきり肌の保湿にはならない上に、潤いも足りるわけがありません。もしかして…と思った方は、一先ず洗顔方法を改善することを意識してください。
手については、割と顔とは異なりお手入れをする人は少ないんじゃないでしょうか?顔の方はローションや乳液を使って保湿を欠かさないのに、手は割と何もしていなかったりします。手の老化は顕著に現れるので、早い段階に対策することをお勧めします。
ヒアルロン酸が摂りこまれたコスメにより望むことができる効能は、秀でた保湿能力による乾燥ジワの予防や低減、肌を守るバリア機能の手助けなど、美しい肌を獲得するためには絶対に必要なもので、土台となることです。
化粧品を製造または販売している企業が、化粧品をブランドごとやシリーズごとにミニサイズで一セットにして発売しているのが、トライアルセットと言われているものです。高い値段の化粧品を、リーズナブルな値段で手に入れることができるのが一番の特長です。
肌に無くてはならない美容成分がたっぷりはいった使い勝手のいい美容液ですが、少しでも使い方を間違えると、肌トラブルをもっと深刻にしてしまうこともあります。使用説明書を必ず読んで、適正に使用することが大切です。
プラスするだけで肌力が上がる導入液は、肌を覆う油分を取り去る働きをするのです。水と油は互いに混ざり合わないものだから、油を除去することによって、化粧水の肌への吸収性を向上させているのです。
「日々のお手入れに使用する化粧水は、割安なもので十分なので贅沢に用いる」、「化粧水を皮膚に入れるために100回くらいパッティングしないと効果がない」など、毎日のケアにおいての化粧水を断トツで大切なものと信じ込んでいる女の人は本当に多く存在します。

スキンケア用の化粧水の価格

空気が乾きドライな環境になり始める毎年秋ごろは、より肌トラブルに見舞われやすいときで、乾燥防止のためにも化粧水は手放せません。だけど正しい使い方をしないと、肌トラブルを誘発するもとにもなり得ます。
「スキンケア用の化粧水は、低価格のものでも十分ですからふんだんにつける」、「化粧水をつける際に100回前後パッティングすることが肝心」など、化粧水の存在を特に重要とみなす女性はたくさんいるのではないでしょうか。
肌に含まれる水分を保っているのは、セラミドという保湿効果のある成分で、セラミドが少なくなると、肌の水分が保てなくなって肌乾燥が悪化することになります。肌が持つ水分のもとになっているのは化粧水などではなく、体の内側から湧き出す水であるというのが真実です。
肌にとっての有効成分をお肌に届けるための重要な役割があるので、「しわをなくしたい」「乾燥は避けたい」等、確固たる意図があるとしたら、美容液を駆使するのが一番現実的だと言えます。
セラミドと呼ばれるものは、肌の一番外側にある角質層にあります高保湿成分ということなので、セラミドが入った高機能の化粧水や美容液は、素晴らしい保湿効果を有するということです。
無造作に顔を洗うと、洗顔のたびに元々の肌の潤いを取り去って、酷く乾燥してキメが乱れてしまうこともあります。洗顔を行った後は速やかに保湿するようにして、お肌の潤いを忘れずに継続させてください。
毎日の美白対策については、紫外線対策が必須です。なおかつセラミドなどの天然の保湿剤で、角質層によるバリア機能を強化することも、紫外線の遮断に高い効果を示します。
結局思っていたものと違ったとなれば腹立たしいので、新商品の化粧品を利用しようという場合は、可能な限りトライアルセットでチェックするという行動は、非常におすすめの方法です。
皮膚中のヒアルロン酸量は、40代になると低減するということがわかっています。ヒアルロン酸の量が下降すると、ハリと瑞々しい潤いが見られなくなり、肌荒れや乾燥肌の要素にもなると考えられています。
スキンケアに欠かすことのできない基礎化粧品に関しましては、まずは全てのアイテムがセットになっているトライアルセットで、一週間位トライしてみれば、肌への作用も確実に把握できるのではないでしょうか。
セラミドは意外と高額な素材である故、添加量に関しては、価格がそれほど高くないものには、ほんの少量しか加えられていないとしても致し方ないと言えます。
ベースとなるお手入れの流れが誤認識したものでなければ、使用してみた感じや肌につけた時に違和感のないものをチョイスするのが適切だと思います。高いか安いかに左右されずに、肌に負担をかけないスキンケアをするようにしてくださいね。
冬の時期や歳をとることによって、肌が乾燥してどうしようもないなど、つらい肌トラブルに頭を抱えることが多くなります。致し方無いことですが、20代を過ぎれば、皮膚の潤いを守るために不可欠となる成分がどんどん失われてしまうのです。
更年期障害を筆頭に、体の調子がよくない女性がのんでいたプラセンタだけれども、使用していた女性のお肌がいつの間にか潤いに満ちた状態になったことから、きれいな肌になれる成分だということが知られるようになったのです。
「今の自分の肌に不足しているものは何なのか?」「それをどうやって補給するのが良いのか?」等について考えを練ることは、実際に自分に必要な保湿剤をセレクトする時に、非常に役に立つと言えそうです。

ナノ粒子化されている最新の美容商品

現在ではナノ粒子化され、小さい分子となったセラミドが売りに出されているようですから、なお一層浸透する力を追求したいという場合は、それに特化したものを選ぶのがいいでしょう。
「今現在、自分の肌に必要なものは何か?」「それをどんな方法で補えばいいのか?」などについて熟考することは、実際に自分に必要な保湿剤を買うときに、非常に役に立つと言っていいでしょう。
肌に欠かせない潤いを保持してくれているのは、セラミドと言われる保湿物質で、セラミドの量が低減すると、お肌の水分量の減ってしまいどんどん乾燥が進みます。お肌に水分をもたらすのは外から補給する化粧水ではなくて、体の中の水であるというのが真実です。
お風呂から上がった直後は、非常に水分が蒸散しやすい状況下にあります。お風呂の後20~30分程度で、入る前よりも肌の水分が奪われた俗にいう過乾燥の状態になるのが通例です。お風呂から出たら、15分以内に潤いを十分に与えましょう。
大抵の人が手に入れたがる美肌の条件でもある美白。スベスベの肌は女性なら当然憧れるものですよね。シミ、そばかすなんかは美白の為には厄介なものになるので、数が増えないように心掛けたいものです。
洗顔直後に塗る導入液は、肌に残留している油分を落とす役割をします。水性物質と油性物質は混じり合わないものですから、油分を拭き取って、化粧水の吸収具合を増進させるということですね。
化粧品販売会社が、化粧品一式を小さなサイズでフルセット販売をしているのが、トライアルセット商品なのです。高価な化粧品を、リーズナブルな金額で手に入れることができるのが人気の理由です。
美容液は水分が大量に含まれていますから、オイル分をたっぷり含むものの後では、効力が少ししか期待できません。顔を洗ったら、最初に化粧水、次に乳液の順で利用するのが、ありがちな使用の仕方となります。
化粧水や美容液のいわゆる水分を、融合するようにしながらお肌に付けることが大切です。スキンケアを実践する際は、兎にも角にも徹頭徹尾「柔らかく浸透させる」のがポイントなのです。
的確ではない洗顔を実行しているケースは別として、「化粧水の使い方」をほんの少し正すことで、従来よりも飛躍的に吸収を良くすることが可能になります。
抗加齢効果が望めるということで、このところプラセンタのサプリが評価を得ています。色々な製造企業から、様々なタイプのものが売られております。
無造作に顔を洗うと、洗う毎に天然の肌の潤いを洗い落とし、ドライになってキメが粗い肌に変わってしまうこともあります。顔を洗った後は間をおかずに保湿をして、お肌の潤いを常に維持してください。
連日真面目にスキンケアを行っているにもかかわらず、変わらないという人もいるでしょう。もしかしたら、やり方を勘違いしたまま大切なスキンケアをやっていることも想定されます。
セラミドの潤い力は、肌にできたちりめんじわや肌荒れなどのトラブルを正常化してくれますが、セラミドを生成する時の原材料が割高なので、それを配合した化粧品が高級品になることもあるのです。
顔を洗った後というのは、お肌に付いた水分が一瞬にして蒸発することによって、お肌が極度に乾きやすくなる時です。すぐさまきちんとした保湿対策を実践することが不可欠です。

意外な日用品にもケイ素が使われている!?その驚くべき美容効果!!

ケイ素は私たちが毎日使う日用品にも活用されています。
例えばシャンプーにケイ素を配合している商品があります。
woman-1496055_1280
私たちが毎日髪を洗うときの水(お湯)には塩素などの消毒薬が使われており、これが活性酸素を発生させます。
活性酸素は髪を作り出す細胞への血流を妨げ、抜け毛・薄毛・白髪などの悪影響を及ぼします。

ケイ素を摂取することで活性酸素を除去することができるだけでなく、コラーゲンの生成を促進し、抜けにくくツヤのある美しい髪を作り出し、白髪の予防にも役立ちます。

ケイ素を配合したシャンプーを使用してもいいですし、水溶性ケイ素サプリをシャンプーに混ぜたり、直接頭皮に塗っても効果を得ることができる他、食品やサプリ、ケイ素を含むミネラルウォーターを飲むなど体内から摂取することでも徐々に効果を得ることができます。
r_sil01

ケイ素は歯を丈夫にする効果もあるため、歯磨きジェルなどに配合されていることもあります。
kb_0046
ケイ素はカルシウムよりも骨や歯を丈夫にするという研究結果もあるほどですので、歯の美しさにこだわる方は毎日のデンタルケアにもケイ素を取り入れることをおすすめします。

【ケイ素をもっと活用しよう】
ケイ素を含んだミネラルウォーター=シリカ水はそのまま飲むだけでも効果的ですが、軟水のシリカ水の場合はお茶を入れたり料理に使うこともできます。
おすすめはシリカ水でハーブティーを入れることです。
herbal-tea-herbs-tee-mint-159203

●デトックスには「ダンデライオン」
images-1
ダンデライオンはタンポポのハーブティです。ローストしたものはノンカフェインのコーヒー=タンポポ茶(タンポポコーヒー)として販売されています。
肝臓を強くし体内の毒素を排出したり、脂肪を分解する効果があるデトックスに効果があります。
ケイ素にもデトックス効果があるため相乗効果が得られます。

●美肌には「ローズヒップティー」

SONY DSC
SONY DSC

ビタミンCをはじめ多くのビタミンを含むハーブティーで美しい色と爽やかな酸味が特徴の飲みやすいハーブティーです。
ビタミンCはメラニンを抑制しシミ対策に効果を発揮します。
ケイ素はコラーゲンを生成することを助けますが、コラーゲン生成にはビタミンCが欠かせません。
ハーブティーでビタミンを補うことでハリと透明感のある肌が作られます。

●便秘解消には「ルイボス」
2252584b7f97716cc306969ba5240aa0
コンビニなどでも見かけることが多くなったハーブティ―です。
便秘解消はもちろん精神の安定にも効果があり、活性酸素を取り除く効果もあるのでアンチエイジング効果が期待できます。
ケイ素と組み合わせることでアンチエイジング効果も倍増します。

なぜデトックスが必要なの?ケイ素を摂って体質改善しよう!

最近デトックスという言葉をよく耳にします。
デトックスジュース(スムージー)なども人気ですね。
green-456839_1280

しかしなぜデトックスが必要なのでしょうか?
【デトックスって何?】
デトックスとは体内の毒素を排出することです。
これは特別なことではなく、発汗や排尿、排便などで日常的に行っている人間が本来持っている体の機能です。
不要なものを排出することで、体は本来あるべき活動(消化や代謝など)を行うことができ、健康な体を維持することができています。

しかし現代人は本来持っているデトックス機能だけでは追いつかないほど多くの毒素を無意識のうちに体内へ取り込んでいると言います。
汚染された空気や食品に残った農薬、化粧品や食品の添加物など多くの不要なものが体内に蓄積します。
また現代人の食事は栄養価は低いのにカロリーは高いと言われています。余分なカロリーは体内に脂肪として蓄えられるのでデトックスが追いついていないと太りやすくなるというのです。

【デトックスできていないとどうなるの?】
体内の毒素は肝臓や腸に蓄積します。それによってさまざまな不調を引き起こします。
・疲れやすくなる
・体が重い
・太りやすくなる
・痩せにくくなる
・二日酔いになりやすくなる
・冷え性が悪化する
・体臭や口臭が気になりやすくなる
・肌がくすむ
・ニキビができやすくなる
・シワが深くなる
・シミができやすくなる
・肌がくすむ
・気分が沈みやすくなる
・アレルギーが悪化する
・今までアレルギー出なかった人もアレルギー体質になりやすくなる
・アトピーの悪化
・敏感肌になりやすい
・免疫力の低下
・生活習慣病になりやすい
biyou_shiwa-1

【どうやってデトックスすればいいの?】
最も簡単なデトックス方法は「水を飲むこと」です。
中でもケイ素(シリカ)を含んだミネラルウォーターを飲むと効果が倍増です。
水を1日1,5リットル程度飲むだけでもデトックス効果はありますが、ケイ素は体内に溜まった毒素を排出させ、新陳代謝を高め、腸内環境を改善する効果があります。
8721446372_9682696d87_c
実際にミネラルウォーターでケイ素を摂るようになるとこんな変化が現れます。
・便秘解消
・肌の色が明るくなる
・シワが薄くなる
・シミが薄くなる
・疲れにくくなる
・肌や髪、爪が丈夫になる
肌データを摂ると肌の水分量がUPしキメが整ったというデータが出たりします。

他には発汗を促すため入浴はシャワーで済ませず湯船につかることを習慣にした方がいいですし、豚肉・シジミ・青魚・緑黄色野菜・レモン・リンゴなどのデトックス効果の高い食品を毎回の食事に取り込むことも効果的です。
lemon-1269979_1280

アンチエイジングしたいならケイ素を摂らなくっちゃ!

いつまでも若々しくいたい!!と願うものの、30代半ばくらいから顕著に「私もいい年になったんだな」と実感する瞬間が増えてくるのではないでしょうか?
imaric20160805310323_tp_v
・疲れやすくなった
・寝ても疲れが取れない
・目の下に影ができる
・今までの保湿では潤いが足りないと感じる
・髪が乾燥してまとまりにくくなった
・爪が割れやすい
・太りやすく痩せにくくなった
・気が緩んだ時の表情がたるんでいる
・シワが増えた
・ハリがない
こんな実感があるなら、体内も徐々に老化してきていると言えるでしょう。
血管の弾力がなくなり、送り出される血液循環が悪くなるので肌がくすむのはもちろん、全身の内臓機能が低下したり皮膚が衰えてくる可能性があります。
内臓機能が低下するとデトックス機能も衰え老廃物をため込みやすくなり、太りやすく肌荒れを起こしやすくなり、疲れやすくもなりますし、腸内環境も悪化して便秘になったり新陳代謝が悪くなったりします。
腸内環境の悪化は肌への悪影響だけでなく、気分を明るくするホルモンの分泌も悪くなるため気分にも影響を及ぼします。
体内の老化が進むと骨や歯に送られる栄養も減少して、骨がもろくなったり歯の美しさや強度が弱くなって行ったりします。
benpi_geri_woman

これらすべての解消に効果を発揮するのが「ケイ素」です。
t00102s00-013-2
美しい肌や健康を維持するためには『継続』が何より大切です。
どんないいものでも続けなくては効果を得られません。
ケイ素は食べ物だけでは必要量摂ることが難しいですが、ミネラルウォーターで手軽に補うことができます。
シリカ水として販売されているミネラルウォーターにはケイ素が豊富に含まれています。
人間にとって水は必ず必要なものですから、その水でケイ素を補給できるなら頑張らなくても続けられるので効果も得やすいのでとってもおすすめの美容方法といえます。

ケイ素を摂ってキレイになるにはミネラルウォーターがおすすめ!どのミネラルウォーターがいいの?

ケイ素は美肌のためだけでなく健やかな体を保つために欠かすことのできないミネラルですが、年齢とともに減少していくので何らかの形で補わなくてはいけません。

その方法は
●食べ物
●サプリ
●ミネラルウォーター
などがありますが、食べ物だけで1日の必要量を補うにはかなりの量を食べなくてはいけないのでサプリメントやミネラルウオーターと併用することがおすすめです。

中でもミネラルウォーターは天然の水なので安全ですし、毎日の水分補給は必ずするものなのでとっても手軽にケイ素を摂ることができるので最もいい方法です。

ケイ素を含むミネラルウォーターは「シリカ水」として販売されていることがほとんどですが、たくさんの種類があってどれにしていいか悩みますよね。
コスパ重視なら「美ウォーター」がおすすめです。
続けやすい価格が何よりの魅力です。
%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-5

便秘気味でデトックス効果重視なら「然 霧島火山岩深層水」がおすすめです。
日本で採取される水の中では珍しい中硬水(硬度が高い)ので便秘解消効果が高いです。
img02

シリカ(ケイ素)含有量が多く、美肌効果が高いことと味の美味しさで選ぶなら「Fiji(フィジー)ウォーター」がおすすめです。
私が実際飲んでみた中で一番美味しくて、美肌や美髪効果をしっかりと感じられた超おすすめシリカ水です。
ボトルがオシャレなのも人気の理由のようです。
%e7%84%a1%e9%a1%8c
シリカ(ケイ素)は体内でコラーゲンを作り出すためにも欠かすことのできないミネラルです。
なので一生懸命コラーゲンやコラーゲンの元になるアミノ酸を食べ物やサプリで摂っていても、シリカ(ケイ素)を併せて摂っていないと効率よくコラーゲン生成ができないというもったいない状態になります。

「Fiji(フィジー)ウォーター」はまろやかな飲み心地で、頑張って飲もうとしなくてもスイスイ体に入っていきます。
今までたくさんの水を飲むのが苦手だったという方も、自然と1日1.5リットルくらい飲めちゃいます。
ケイ素は一度にたくさん摂っても、その時に必要な量以上は尿として排出されてしまうので、一度にたくさん摂るよりも水分補給と一緒にちょこちょこ補給するのが効果的です。
grid_img_01

「Fiji(フィジー)ウォーター」はオシャレで美肌効果もあり、美味しいのですがちょっとだけ高いことがデメリットですが、一番安く買える方法をフィジーウォーター 激安で見つけました!!
最初は「おいしい!」「水ってどれも一緒じゃないんだぁ」という感じですが、半月以上続けるとじわじわ効果が出始めて1か月くらいで「これってすごいかも!!」となってくるので、続けて飲みたいなぁと思うようになります。
続けるならやっぱり手ごろな価格がいいですよね。
ぜひ試してみてください。

ケイ素ってどうやって摂ればいいの??安全で効果的な方法

肌のつやや潤いをUPさせ、シミを薄くし、デトックス効果あるなど多くの美容効果をもたらしてくれるケイ素ですが、どのようにして摂取すればよいのでしょう。
もともとは鉱物に含まれるケイ素を安全に効果的に摂る方法をご紹介します。
t00102s00-013-2

【ケイ素の摂り方】
1.食品から摂る
キビ、小麦、ジャガイモ、青のり、ひじき、ワカメの茎、アサリ、昆布、大豆、ゴボウなどに多く含まれています。
キビや小麦は比較的多くのケイ素が含まれているので、ご飯に混ぜて食べるのもいいですね。
ケイ素はもともと体内にあるもので、健やかな体作りに欠かすことができない成分ですが年齢とともに減少していくため補う必要があります。
その量は成人で1日9㎎と言われていますが、食品だけでこれをクリアするためにはわかめの場合1日200gもの量を食べる必要があるため現実的に難しいです。
そこで、以下のいずれかの方法と組み合わせるのがおすすめです。
c3cb1fe3222cc07adb502b3785cc1756_s

2.サプリメントで摂る
例えばドイツで10年以上の販売実績があり、ゲル状で飲みやすいとして人気の「シリシア」
r_sil01

好きな飲み物に混ぜて摂るタイプの「ウモプラス」
umoplus_01

タブレットタイプのサプリメント「マジックライト」
magiclite
などさまざまなタイプのサプリメントが販売されています。

3.ミネラルウオーターで摂る
私のおすすめはミネラルウオーターでケイ素を摂ることです。
人間の70%近くは水分と言われ、十分な水分補給は美肌を作るうえでも欠かすことができません。
そこにケイ素も含まれているなら一石二鳥です。
ケイ素を含むミネラルウォーターは「シリカ水」として販売されていることが多く様々なタイプがあります。
ケイ素以外にどんなミネラルを含んでいるかで口当たりや味、効果が異なりますが、硬水と軟水に大別されます。

軟水と硬水の違いは、「硬度」の違いです。硬度とは水1リットルあたりのカルシウムやマグネシウムの含有量で、WHO(世界保健機関)が定める基準によると硬度120mg未満が軟水、120mg以上が硬水とされています。

硬水は口当たりが重く日本人にはやや飲みにくい印象ですが、便秘解消には効果的です。
軟水は日本人になじみが深く、まろやかでさっぱりとした飲みやすい印象です。風味が強くないため料理などにも向いています。
ケイ素を含むミネラルウォーターの主な採水地はフィジーや九州地方で、軟水~中硬水まであります。

味のおいしさとボトルのおしゃれ感からセレブやモデルの間で大人気なのが「Fiji(フィジー)ウォーター」です。軟水でまろやかな口当たりで、どんどん体に入っていくほど美味しいシリカ水です。
%e7%84%a1%e9%a1%8c

中硬水ながら軟水並みの飲みやすさで、ケイ素だけでなくデトックス効果が高いサルフェートを含んでいる「然(しかり)霧島火山岩深層水」
img02

軟水で飲みやすく、シリカ含有量が多いのにコスパがとってもいいことで人気の「美ウォーター」
%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-5

さまざまなケイ素含有ミネラルウォーターがあります。
私自身は「たかが水でしょ。水分補給できれば何でもいい」と思っていましたがシリカ水を飲み始めてから、化粧品売り場でやってもらうスキンチェックのデータが良くなっていたことに驚きました。
コラーゲンと水分量が増えてキメが整っていたのです!!

水のいいところは人工物が一切加えられていないということ。つまり体に毒となるものが何もない安全なケイ素補給ができるということです。水は必ず毎日飲むものですから、摂り忘れることもないのでおすすめです。

ケイ素がデトックスにも効果があるって本当!?

デトックスダイエットはモデルやセレブの間ではライフスタイルの一部として定着しつつある美容法の一つです。
ここぞ!という撮影の前には必ずと言っていいほどデトックスダイエットをして体を絞ったり、肌の調子を整えたりします。
5685686610_104a8d3924_z

デトックスとは体内の毒素を排出することで、本来人間が持っている体の機能です。
しかし現代人は汚染された空気や水、知らないうちに摂取している食品添加物や、食品に含まれる残留農薬、化粧品の成分など体にとっては毒となるものをたくさん摂取してしまっているため、その溜まった毒が体のあらゆる機能を低下させ疲れやすくなったり、太りやすくなったり、肌荒れを起こしやすくなったりするのです。
29ea30443d029ac689e8315a2ef4a4d0_s

デトックスダイエットの方法はたくさんあります。
●プチ断食・・・1日食事を断つことで体が排出することにエネルギーを集中させることができるため体本来の機能が回復する。
●発汗する・・・半身浴、ゲルマニウム温浴、岩盤浴などで汗を出すことで体内の不要なものを排出する。
●腸内環境を整える・・・便秘を解消するだけでも体臭が数キロ落ちることもありますし。
●ミネラルウォーターを飲む・・・人間の70%近くは水分です。十分な水分とともにミネラルを補うことで新陳代謝が促されます。
●デトックス効果のある食事をする・・・抗酸化のある食材など毒出し効果のある食材を積極的に取り入れることで、毒素が溜まりにくい体になります。最近ブームになっているスムージーもこの一種です。
bottle-smoothies-detox-drink-healthy-green-fresh

ケイ素には体内に溜まった毒素を排出させる効果があります。
【ケイ素のデトックス効果】
・古くなった細胞を代謝する
・体内のコレステロールを排出する
・アルコール、ニコチンを排出する
・水銀・ヒ素・鉛・アルミニウムなどの重金属を排出する
・活性酸素を排出する
体内に活性酸素が発生すると肩こりや頭痛、冷えなどの不調はもちろんシミができやすくなりますし、太りやすくもなります。
ケイ素は肝臓や腎臓の機能を回復させるのでよりデトックス効果が高まります。
そして空気や食品などから気づかないうちに摂ってしまった重金属はなかなか体外へ排出することができないと言われていますが、ケイ素はこれらもデトックスすることができます。
余分な毒素がなくなると、体は本来の働きができるようになるため疲れがすっきり取れたり、体重や体型がすっきりしたり、肌がワントーン明るくなったり、肌荒れを解消することができるのです。
888c133de9da3abc3b696d44c9368196_s

【ケイ素はどうやって摂ればいいの?】
食品からもケイ素を摂ることはできますが、毎日必要な量を摂り続けるのは大変です。
おすすめはケイ素を含んだミネラルウォーターを飲むことです。
天然の水ならば添加物を気にすることもなく安心して摂ることができますし、水を飲むこと自体がデトックス効果を高めますので相乗効果が期待できます。
ケイ素を含んでいるミネラルウオーターは「シリカ水」として様々な商品が販売されています。
飲み心地や味などにそれぞれ特徴があるので好みのものを見つけて1日1.5リットル程度飲むと良いでしょう。
15966203422_eb4f5e0a16_c